Untitled.短文保管庫。
最近は殆どがこっちの更新です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ALL THE WAY
 
残業中に鳴り響く無機質な着信音、画面の表示を見れば、同期の名前。
「なしたの?いきなり」
そうやって電話に出ればげんなりとした低い声で「今何処に居る」との紋切り口調。本当に一体何があった。会社だけど、と返せば「終わったら、直行でウチ来い。サツキがうざい」と返されて頭の中は疑問符に埋め尽くされる。
「え、サツキそっち行ってんの?」
「いきなり押しかけてきた、今飲みながら大声でベッドの中のお前について惚気てるぞ、うぜえ」
「は!?!?!?!?」
確かに後輩であるサツキとは何やかんやで付き合っている。ヤることもヤッてる仲だ。だけどそれとこれとは色々と違うだろ、大声で話すことでも無いだろ。話してる相手がツカサで良かった。ハルナちゃんも同席してたとしたらハルナちゃんごめん。
「スミノフ原液で潰すからな、早く飼い犬迎えに来い」
不穏な言葉の後ろでギャンギャン騒ぐサツキの声。
「ヨロシクオネガイシマス」
混乱しまくっている脳内では、そう頼むことしか出来なかった。

そうして必死に仕事を片付けてツカサの家、正確に言えばハルナちゃんの就職を機に同居を始めた二人の家に向かえば、ツカサの宣言通りに潰されて屍と化しているサツキと、いつも通りの真顔でウイスキーを手にするツカサ、そして呆然としたハルナちゃん。俺の顔を見た途端に真っ赤になって奥の部屋に走って行ったのだけれど、サツキ、君一体何を話したの?
「ミナトお前さ、もうちょっとサツキの事可愛がってやれ」
ここ数年のハルナちゃんとの付き合いで、幾分か柔らかな空気を纏うようになったツカサは、俺をそう諭す。「大変だったんだぞ、サツキ宥めんの」と、素直じゃない言い訳を重ねながら。まぁ、素直じゃないのは俺もか。
「折角ハルナが長期出張から帰ってきてゆっくりしようとしたその日によりにもよってお前らの痴話喧嘩に巻き込まれるとか、本当ツイてない」
「そもそも痴話喧嘩した覚えもないんだけども」
丁度、お互いの仕事が立て込んでて数週間程会えない日が続いていた為に、喧嘩どころか言葉を交わす事すら出来て居なかったのに、痴話喧嘩とはこれ如何に。そうなのか?とキョトンとするツカサに頷けば、まぁ、痴話喧嘩じゃなくても何でも良いが、と切って捨てられる。
「兎に角、いきなりサツキは押しかけてきて私に縋り付いて泣き出すし、その後に帰ってきたハルナも玄関の靴見て早とちりしやがって、半ベソかきながらツカサさん浮気なんですか!?とか言って入ってくるし、お前の痴態は赤裸々に語られるし、言ってやろうか?」
何でもない事のようにそう言っているツカサは余程疲れたのだろう、いつも以上のげんなりとした声で淡々と言葉を続ける。
「エンリョシトキマス」

まぁ、とりあえず飲め、と差し出されたグラスに口を付けてしまったおかげで、今夜はツカサの家でツカサの酒に付き合う選択肢しか残って居なかった。サツキが起きたら少しは優しい言葉を掛けてやろう、と思いながら。


—————————————————

前回書いた番外編を思い返して「コレ、サツキさんとミナトさんデキてたらヤバいな」とか思った結果がこれ。
前回の番外編から更に数年後。

多分ツカサさんミナトさんは30越えてる。
ツカサさんは多分大学で助手か何かやってるんじゃないかな。そうじゃなかったら、ジャズバーとかでピアノ弾いてそう。



 
| 23:20 | その音を、聞かせて。 | comments(0) | - | posted by 狭山 |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>