Untitled.短文保管庫。
最近は殆どがこっちの更新です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
バースデーソング

「よぉ」
 そう言って高校時代のバンド仲間であり、今をときめくロックバンドのリーダーとなった男は我が家へとやってきた。
 
「よ、リョーマ。久しぶりだなぁ」
 トレードマークの茶髪と赤いメッシュを隠すように被っていた帽子と伊達眼鏡を外しながらリビングに上がった彼は楽しそうな様子も隠す事なくソファですやすやと眠る生まれたばかりの乳幼児を見つめる「この子かぁ」ポツリと呟き赤子に対して愛おしげな笑みを浮かべる彼はソファに座ることはせず、身をかがめたままに赤子を凝視する。その様子がなんだか可笑しくて、笑いながら座る事を勧めれば彼はやっと子供の隣に腰を下ろした。
「あ、お祝いありがとな」
 事前に贈られていたそれに礼を伝えれば「いーよ気にすんなって」と少し照れくさそうに笑うのだ。「あ、コレ明日香ちゃんと食べてよ」と渡される紙袋には有名な洋菓子店の店名が入っていた。「気にしなくていいのに」と笑いながらその袋を受け取れば、キッチンから高校時代の同級生であり妻である明日香が顔を見せる。「あ、リョーマくん久しぶり。こないだはお祝いありがとうねぇ」笑いながらそう告げた言葉に「気にすんなって」と彼は再び照れくさそうに笑うのだ。
「それにしても、子供の名前とか体重とか妙に聞いてくるなと思ったらまさかあんなのが届くとはな」
 そういって揶揄ってやれば「何か驚かせてやりたいって知り合いに相談したら教えてもらったんだよ」となんとも言えない微妙な表情を浮かべて彼自身からの贈り物である棚に飾られたテディベアをちらりと横目で見る。それは体重ベアと言うものらしく、生まれた時の体重を再現したテディベアだった。ご丁寧に出生日時と名前が足の裏に刺繍されたそのテディベアとおむつケーキと呼ばれる紙おむつの詰め合わせが彼からの出産祝いであった。おむつケーキは明日香からのリクエストだったが、それと一緒に大きなテディベアが届いた時は二人で驚き、そして喜んでしまった。子供が大きくなった時に持たせてやろうと、そこまで二人ではしゃいだのはつい数ヶ月前の話だ。パチリ、とソファで寝ていた娘が目を覚まし、リョーマの事をまじまじと不思議なものを見るように見つめる。
 
「よ、初めましてだな」
 楽しそうに笑みを浮かべ赤子の目の前でひらひらと手を振る男が胡散臭かったのか、それとも怖かったのか、見知らぬものをじっと見つめる彼女はふぇ、と声を上げる。人見知りか。泣き出した彼女を抱え上げれば明日香が駆け寄ってくる。俺の腕の中では落ち着かなかったらしい彼女を明日香に渡せば少しだけ泣き声が収まった。娘に振られた俺と娘に泣かれたリョーマは顔を見合わせ苦笑する。「なぁ、ギターあるか?」挑戦的な笑みを浮かべて彼は俺へと問う。「アコギなら」とリビングの端に置いてあるそれを指差せば、彼はソファから腰を上げて「借りるぜ」と不敵な笑みを浮かべてそのネックを掴みポロンと爪弾く。
「お、流石チューニングされてるな」
「どうせ弾くと思ったから用意しておいた」
 リョーマの言葉にそう返せば「分かってらっしゃる」なんて演技がかった調子で口元だけでにやり、と笑う。
 
「半年遅れたけど誕生祝いだ、お前の為に書いたんだぜ」
 明日香に抱かれ落ち着いた娘にそう笑って、彼はそのギターを静かに鳴らし始めた。

——————————————————

 

少し短いけど久々にこっちに。

24歳リョーマと0歳のナツミちゃん。

 

| 21:14 | Pianoforte. | comments(0) | - | posted by 狭山 |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>