Untitled.短文保管庫。
最近は殆どがこっちの更新です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
その柏手に込める願いは

 呼び出された待ち合わせ場所に向かえば、見知った顔がひとつと、見知らぬ顔がいくつか。様子を見る限りでは恐らく待ち合わせ相手はナンパされているらしい。そんな様子を少し遠くから見ていれば、私に気付いたらしい私を呼び出した張本人はトトト、と小走りでこちらに来て、私の腕にその腕を絡ませた挙句わざとらしく作った声で絡んできていた男たちに宣言するのだ「彼氏来たから、ごめんねぇ」と。
 
「股間にイチモツぶら下げた彼女を作った覚えは無いな」
「失礼ね、アンタそうしてればただのイケメンなんだからナンパ避け位にはなりなさいよね」
 隣に立つ長身の彼女――もしくは彼は、大学時代の同期であり私が入り浸るバーの主である浅野麟太郎である。源氏名は麟、私が学生時代に付けたあだ名は海舟だ。簡単に言ってしまえば隣に立つコイツはニューハーフである。だからと言って女になりたかった訳ではないらしいし、新卒で入社した会社を辞めた時の彼の言葉を借りるのであれば、「自分以外の何かになりたかった」という事らしい。今日も胸元でその存在を主張する豊満な胸は作ったらしいが下半身は未着手だというのはいつだったか聞いたことがある。女言葉でプリプリと怒る海舟は長身とスタイルの良さも相まってモデルかよ、と突っ込みたくなる美人であった。そら、ナンパの一つや二つされるだろうよ。と思ってしまう。頭一つ分背の低い私はと言えば、適当にあった服を着てダブルのライダースジャケットを羽織っているような状況で、服はどれもメンズのものの上全く栄養が届かなかったらしい平らな胸だ。乱雑に伸ばしっぱなしであった髪は先日切ったばっかりで下手すると男よりも短い。だからと言って一応女である私を捕まえて彼氏と言うのはどうかと思うが。
「で、何の呼び出しなんだ。約束は夕方だったろ」
 海舟にそう問いかければ「そうだけど、暇になっちゃったからどうせアンタは何の予定も入れてなさそうだし、初詣と初売り行こうと思って」と悪びれもせずに答える。
「くそ、こちとら夜中まで働いてたんだよ……今日から連休だけどさぁ……」
 思わず出てしまう溜息に、「でも寝てたらメールなんて気付かないでしょ。アンタから返信来なかったら一人で行くつもりだったし」とさらりと言葉を返すのだ。
 
「そういや、今日は武将と三人?」
 諦めて海舟と神宮に向かう道を歩いているうちにふと浮かんだ疑問を口にする。その疑問に海舟は「バニーもよ」と溜息交じりに返事を返す。「げ、ウサギもかよ」思わず口をついて出てきた言葉へ「ご愁傷様」と重ねられる。
「あぁ、これで明日は潰れたな」
「ちょっと、諦めが早すぎるわよ」
 ため息交じりに呟いた言葉に海舟は呆れ声で即座に突っ込む。「もう何年アイツにやられっぱなしだと思ってんだよ。抵抗するのも面倒くさい」そう答えれば「イヤなら抵抗しないとそのままよ」と鋭い言葉が飛んでくる。海舟がバニーと呼び、私がウサギと呼ぶ男は本名を宇崎伊織(ウサキイオリ)と言う。彼は海舟や今夜一緒に飲む予定の武将と共に同じ大学の同じゼミで3年間を過ごした同期である。4年制大学で3年間なのは、単に私が1年間留学していたからである。そして、私とウサギは名目上では付き合っていた関係であり、奴が遠く離れた地に住む今でもこうやって顔を合わせると飲んだついでに致すという完全に割り切られた肉体関係だけがズルズルと続いている。全力でぶちのめせば勝てる相手だとは思うものの、そうするのすら面倒臭く流されるままに流されて今に至っているのだ。そんな事を話していれば、人でごった返す真っ只中にとうちゃくしており、海舟からは「賽銭くらいは奢ってあげるわ」と小銭を渡される。
 
「どうせアンタは流されるんだろうけど、念のため祈っときなさい」
「気休め程度にそうしておくか」
 
 こうして私の年始休暇が幕を開けるのだ。

 

 

——————————————————

 

 

麟さんと笹野の外見男女逆転が描きたかっただけ。

笹野は面倒くさいのもあるけどウサキ氏に手酷くされるのが癖になってると思われる。

言わないけど。

 

 

| 23:37 | 飲んで喚いて呑まれて飲んで。 | comments(0) | - | posted by 狭山 |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>