Untitled.短文保管庫。
最近は殆どがこっちの更新です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
It Don’t Mean A Thing ‼

結城に誘われ来たのは、普段おれ達とは縁のない国公立大の学祭で。遊びに来るなら、昼間から来ればいいのにこんな夕暮れ時をすぎた時間に、と不審がるおれを余所に「いいからいいから、」と、通路に立ち並ぶ模擬店には目もくれず、ずんずんと突き進む。この学祭に遊びに来た理由も説明されないままに、その背を追いつつため息ひとつ。彼はおれの事をマイペースだと言うが、説明ナシでこんなところまでヒトを連れてくる結城も大概だと、俺は思う。
 
「そろそろココに来た理由、教えてくれても良いと思うんだけど?」
「あれ?言わなかったか?」
「言ってない事すら忘れないでよ」
結城曰く、知り合いがこの大学の学生で、その人が今夜のステージでバンドを組んで演奏するらしい。彼の交友関係は相変わらず広いらしい。馬鹿拗らせた高校生から元ヤン社会人まで、それに国公立大の学生だ。今度はどんな人間が出てくるのやら、だ。
 
「うっわやべ、始まってら」
ステージの見える位置にたどり着くやいなや、あちゃーという顔の結城は気にせずステージに視線を投げる。ステージにはスーツ姿の三人の男、形式はピアノトリオ、圧倒的な質量の音。悪くない。
三人で上手く回されるソロ、そしてピアノとドラムの4バース、曲を変え、そして手を替え品を替え、彼らの世界が広がるステージ。魅了されてしまいそうだ。
やがて、そんなステージも終わりを迎える。満足気な顔の結城はこっちを見ながら「どうよ、片桐」と問うのだ。
「スタンダードやったり、オリジナルやったり、うちと似てるね」
「リーダーが自由な人だからなーピアノも結構いい感じだったな、ドラムも顔に似合わず激しかったし」
うんうん、と相槌を打ちながら結城もそんな感想を口にする。薄々感じては居たが、ベースの強面があのバンドのリーダーらしい。
 
「ぶつかり合ってるようでいて、和は取れてるしー?」
「悪くないだろ」
「悪くないどころか、良いね。次も誘って欲しい位」
「よっしゃ、片桐のOKサインもっらい!」
隣で無邪気にガッツポーズをする結城に呆気にとられたおれに、結城は悪戯が成功した悪ガキそのものの笑みを浮かべて言葉を重ねる「今度、あのバンドと対バンすっから!」と。
「え、いつ決めたの」
「今。これから交渉。芹サンなら断る事ないだろうからほぼ決定?」
携帯片手にソワソワし出す結城の言葉によりベースであるリーダーの名前がセリと言う事だけは分かった。そして結城の言い出したらきかない性格も知ってる。さて、他の三人をどう宥めようか。うちのリーダーはこういうことを俺か鷹晴さんのどちらかに丸投げするのだが、今回の被害者はおれなのだろう。
恐らく知り合いであるリーダーに電話していたのだろう。いつの間にか電話を終えていた結城が相変わらずの悪戯っ子が見せる笑顔で「打ち上げ飛び込み参加すっぞ!」などと言い始める。
「は!?そもそも結城は兎も角おれ知り合いじゃないし!」
「大丈夫大丈夫、音楽は世界共通語だから!!」
「意味わかんないし!」
 
10分後に校門前だから早く行くぞ!と走り出す結城の背中を追いながら、バードランド1番のマイペース人間は絶対に結城だ、とおれは心の中でだけ叫ぶのだった。
 
 
————————————————————
 
 
スウィングしなけりゃ意味ないね!
ECOさん(JJ*nano-spiral)http://id36.fm-p.jp/66/vitaflash/宅ブルースプリングの中夜祭ステージを見に行った結城と片桐くん。結城とブルースプリングの春山さんが知り合いな体で。ソロの回しとか構成とか勝手に妄想してみたけどそんなに出せなかったね!リン様と青山さんの4バースあったら悶え転がる、私が。って思いながら勝手に4バースって入れちゃったり。
リン様オリジナル以外のスタンダードの曲目も勝手に妄想してたんですけど、そこまで勝手に出すのはどうよ、と自重しましたがこんなん書く時点で自重できてないね!!
スーツの先入観か片桐くん春山さんの事男だと思ってるしな!
打ち上げ飛び込み参加した片桐くんとリン様が同楽器同士仲良くしてたら良いなーって妄想まで余ゆゲフンゲフン

すみませんでした!
  
(tumblrより移植:2014/1/11)

| 20:41 | コラボ関係 | comments(0) | - | posted by 狭山 |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>