Untitled.短文保管庫。
最近は殆どがこっちの更新です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
或いは其れが幸せな日々

​ボクらは宇宙へ続く扉がある街で暮らしている。

 

或いは其れが幸せな日々

 

​「おはよー」
「珍しいな、いつも遅刻ギリギリなのに」
北の大地に作られた広大な敷地を持つ国際宇宙港。その宇宙港に隣接しているのがボクたちが通う国際航空宇宙学院日本校で。いつもホームルームが始まる直前もしくは悠々と遅刻で教室に辿り着くボクは、珍しく余裕を持って教室に入り、見知った友人へと声をかける。机に備え付けの端末を弄りながらのんびりと声を掛けてくる。
「ちょっと面白い情報見つけてね」
昨夜暇つぶしに学校のシステムに侵入したという事は割愛して、ボクは自分の席に座りながらボクの後ろの席に座る友人へ端末越しに「今日、うちのクラスに編入生が来るんだって」と告げる。
「編入生? 普通高校も工業でもうちのカリキュラムと互換性ないのに?」
彼は首を傾げながら疑問を口にする。そう、ボクらが通う高校は宇宙開発に携わる人材を育成することを目的とした学校であり、世界に数拠点あるうちのひとつである。日本の普通教育のカリキュラムとも国際的な高等学校的カリキュラムとも異なる専門教育校で、普通の授業科目は基本的に通信で受けていたり、高卒認定試験をパスするような学校だ。しかも、うちのクラスはそんな中で最も偏差値が高く少人数制の技術者養成コースだ。
「何かね、今までの授業内容をまとめた編入試験で割と点取ったみたいだよ。独学でならすごいよねぇ」
彼の疑問の回答も見つけていたボクは簡単にそう返して笑う。そこまで話したボクに彼は「またハッキングしたろ」と声を潜めため息交じりにボクへ言葉を返す。

「で、ここからが本題なんだけど」
彼の説教が始まる前に無理やり話題を変えるために言葉を挟む「その編入生の名前がタカツカサシュンメなんだよね」と。彼にその名を告げれば、彼はガタリと椅子を鳴らし腰を上げる。そんな物音に他のクラスメイト達は彼へと視線を向ける。そんな彼らに「なんでもないよ」と笑って見せれば、彼らはボクから目を反らし各々がしていた作業や談笑に戻るのだ。基本的にクラスメイト達はボクに関わり合いたくないらしい。このクラスでボクが普通に話す相手は後ろの席に座る友人である篠原浩介くらいだ。
「タカツカサシュンメ、って高師議員の」
「字はそうだったねー」
「駿馬なのか」
「字はそうだった。それに、今までの事を考えればシュンメが来たっておかしくない」
とりあえず、座れば? と彼に告げれば腰を浮かせたままの姿勢を取っていたコースケはゆっくりと椅子に腰を下ろす。ボクらは他の人々よりも少しだけ因縁が深いのだ。こんな事を言ったら更に頭がおかしいと思われることは分かっているから言わないけれど、ボクも、コースケも、何度も何度も同じ人間として生きる事を繰り返していたのだ。宇宙に焦がれた一人の男を生かす為に。この世界に生を受ける前の世界で、やっと男の夢を叶えたと思ったら今回の世界では今までずっと年上で保護者のような存在だったコースケに同じ学年の同じクラスの同級生として再会した。それが去年の入学式の事だった。そうなれば、ボクが何度出逢っても愛し、そして見送っていた年上の彼が同級生になっていたとしてもおかしくはない。コースケの「なんだって、こんな」という掠れるような呟きに何か声を掛けようとした所で、担任が教室に入って来る。

「編入生だ。彼には今までの授業を元にした編入試験をパスしてもらっている。授業は特に戻ったりはしないからそのつもりで」
担任が明けたままの扉の外へ目配せすれば、一人の青年が教室に足を踏み入れる。その姿は泣きそうになるくらい懐かしく、愛しいその人の姿によく似ていた。何度も前の世界で見せてもらった、彼の若い頃の写真と同じ顔をした彼はしかし、ボクが知っている彼とは違う表情を浮かべていた。

「高師駿馬です。よろしくお願いします」

それだけを端的に言った彼は、ボクを見る事もなく担任が指示した席――ボクの隣に座る。連絡事項をいくつか告げた担任が教室を去り、一限が始まる前の短い時間で他のクラスメイトに先んじて彼へと手のひらを差し出す。
「ボクはヴィンツェンツ・フェルマー、よろしくね」
出来る限りにっこりと、愛想よく笑みを浮かべて彼へ声を投げたボクを一瞥した彼は、「仲良しごっこをしに来たわけじゃない」とボクから視線を外す。そうしてボクは知るのだ。彼は『駿馬』ではあるけれど、『シュンメ』ではない事に。

「ヴィン……大丈夫か」
ひそひそと気遣わしげにボクに声を掛けるコースケに精一杯の笑顔を浮かべながら「ダイジョーブ」と小さく返す。それが、この世界のボクと駿馬の出会いであるだけで。彼がこの世界に生きているだけで、ボクは幸せになれるのだから。

 

 

——————————————————

 

学パロササセナヴィンもとい廻る世界の最後の世界。

この世界のセナヴィン(タカヴィン?)はここから20年越えの片想いもしくは両片想い期間が始まります(長い)

 

 

| 21:27 | パロ系 | comments(0) | - | posted by 狭山 |
Rebels : Scene 3
 
相変わらず書きたい所だけ。


「戻れねぇ所まで来ちまったな」
医者である従兄は火のついていないタバコを咥えながら、私の状況をそう評した。押し黙る私を尻目に彼は続ける。
「奴らを殺るなら銃、そう言われ続けてるのは何でか知ってるか。奴らとの力の差があるからだけじゃない、奴らは人間を侵食するんだ」
冷静な口調で、従兄は咥えたタバコに火を付け、煙を吐き出しながら私に語る。侵食、その単語を口の中で呟けば、従兄はそうだ。と返すのだ。
「奴らとの闘いが始まった当初にそういうケースが数件報告されてる。それからは銃器での闘いが一般化したからな、その後の報告は無いんだが、お前の状況はその数件のケースに似ている。奴らの言葉が解る、一人で居る時の幻聴、幻覚。そのうち思い通りに身体が動かなくなる、そして勝手に身体が動くようになる」
「そのあとは」
「報告の件数が少ないから絶対にそうなる、とは言えないが、大半は気が狂って悲惨な最期を迎えている。仲間を殺し始めて奴らに喰われる。そんな最期だ」
冷静に、事実を語る従兄の瞳は揺れる。本当にそう伝えて良いのだろうかという、逡巡が見えた。
「うひろくん、有難う。全部話してくれて」
そう言って私は笑って見せる。私が絶望を見せればこの従兄は罪悪感を感じるだろうから、そんな顔は彼には見せる事が出来ない。
「期待を持たせるつもりは無いが、それ以外のケースもごく少数だが報告されているんだ。リツがどうなるかは解らないが、それに賭けるか?」
「……仲間を傷付けて、奴らに喰われて終わる位なら、私は今すぐ死を選ぶけど」
「受け容れるんだ、侵食されてる事実を。拒絶せずに許容した者は、その悲惨な最期を回避しているという報告がある」
「奴らを受け容れる?あんなに奴らを殺した私が」
「幻聴や幻覚は、恐らく奴らからの言葉だ。それに耳を傾けて、同化させれば、もしくは」
確証をつかめていない可能性を語る従兄の言葉は歯切れが悪く、今まで真っ直ぐ私を見つめていたその視線は伏せられてしまっていて。
「同化したら、どうなる」
「わからない。リツがリツのまま居られるのか、それとも違うものになるのか」
「時間はどれ位残ってる?」
「これ以上今のように闘わなければ、残り時間は延びると思う、これ以上奴らの組織を身体に入れなければ」
奴らの体液を被りながら血路を拓くのが私の闘い方なのに、それを辞めろと従兄は言う。無理に決まってんじゃん、と笑ってみせる私に、従兄はそうだな、と力なく笑い返てくれた。
「少しでも異変があれば、すぐ連絡しろ、賭けに勝とうぜ」
最後に従兄はそう言った。私は有難う、と応える。
「ねぇ、うひろくん」
「何だ、リツ」
「同化したら、今私が持ってる色んな気持ちも消える?」
答えを出せない従兄に、片手を上げて私は従兄の元を後にした。




ホームの中でも彼女のテリトリーである屋上に、彼女は居た。思い詰めたような瞳で荒廃してしまった町を見下ろす彼女を、俺は少し離れた所で見つめる。
「ユキト、居たのか」
俺の気配に気付いた彼女は何時ものように口の端を上げる笑い方で俺の名を呼ぶ。けれど、その笑みには何時ものような強気な感情は見えず、力なく見えた。
「どうしたの、りっちゃんらしくないな」
「そうか? そうだな」
俺の言葉に苦笑を浮かべる彼女の隣に腰掛け、話したいなら聞くよ、と告げる。彼女は一瞬躊躇い、お前には話しとくかな、と口を開いた。
「奴らの体液を被りながら血路を拓いたツケが、来たんだ」
一般的に、彼女が奴らと呼称する俺たちの敵と闘う方法は狙撃だ。彼女が用いる刀を使った近接戦闘は彼女と小河原位しか行わないし、小河原は計算し尽くした闘い方で、奴らの血を被るのは、野生の勘と身体のバネを駆使して動物的な闘い方をする彼女位なものだ。
「私は奴らに侵食されてる」
続けて発された彼女の言葉に思わず彼女の瞳を見つめる。その瞳は何時もの真っ直ぐで強い意志を持つそれとは違い、力なく揺れていた。戸惑い、もしくは諦念か。
「他の奴には」
「言ってない、心配させるだけだ」
その言葉に俺は苛つきを感じる。
「俺は心配しないとでも?」
苛立ちを言葉にすれば、彼女はまさか、と笑う。いつもの笑みで。
「ユキトには甘えさせて貰ってるから、心配させてやる」
そう言って彼女は俺の肩に頭を寄せて、少しだけ体重をかける。
「葎花は相変わらず勝手だよね」
久々に名前をそのまま呼んだ俺に、彼女は肩に頭を寄せたまま、目線だけで俺の顔を見る。「知ってる」と言いながら。
「女扱いしたら不機嫌になるし、サドにしか見えない癖にマゾの気あるし、村上の事は気持ち悪い位に可愛がるし、粗暴だし口悪いし、意外と打たれ弱いし」
「そこまで言うか」
「面倒くさい葎花に付き合ってやれるのは俺位だよ」
そう言って笑って見せれば、彼女も小さく笑う。いつもの笑みには程遠いけれど、最初の力のない笑みよりは大分マシな顔で。
「なぁ、ユキト」
「何?」
「私は最期まで奴らの血を被りながら闘うから、約束してくれ」
「内容による」
体勢を変えること無く、彼女は言葉を紡ぎ続ける。俺は短い言葉を返して行く。
「もしも、私が狂って、仲間を傷つけようとしたら、躊躇せずに撃ち殺してくれ」
ユキトに殺されるなら本望だ。と。
「……ヤマザキクンにお願いするんじゃ、無いんだ?」
最近はよく屋上で他愛ない話で盛り上がって、村上や石本には「良い雰囲気」と囃し立てられている相手の名を出せば、彼女は「アイツには無理だろ」と返す。
「アイツは私が頼んだってそう言うことは出来ない」
「俺には葎花を殺せるって思ってるの?」
「ユキトは約束を違えないからな、射撃の精度も高いし、一発で殺ってくれるって信じてるから」
信じてる、の言葉をこれ程までに重く感じたのはいつ以来だろう。肩に感じる彼女の体重は徐々に重くなり、彼女が俺に身を任せて居ることを嫌でも彼女の体温と共に感じてしまう。
「……怖いんだ」
彼女は俺に寄り掛かりながら、震える声を絞り出す。
「死ぬのがじゃない、お前や小河原、まさたんやカン、それに先輩を。彼らを私が傷付ける未来が」
だから、そうなる前に殺してくれ。と彼女は俺の肩に縋り付きながら声を絞り出す。服越しに、彼女の涙を感じ取り、彼女の髪に伸ばしかけた手を、引こうとして、そのままそっと触れた。
「わかった、約束するよ」
「有難う、ユキト。これで、腹は括れた。賭けに、出れる」
そう小さく呟いて、彼女は俺の肩から離れた。そんな彼女を今度は少しだけ強い力で、胸の中に抱き寄せる。
「約束するからさ、せめてスッキリするまで俺の胸で泣きなよ。誰にも言わないから」
堰を切ったように涙を流し、嗚咽を漏らす彼女の髪を優しく撫でながら、俺は彼女の見つめていた荒廃した町を見下ろしていた。


—————————————————

星野宇宙氏が医者になった。
うひろくんと笹野、ヤギリツを書きたかっただけのやつ。弱音を吐くのは柳沢の前だけな笹野。



 
| 23:52 | パロ系 | comments(0) | - | posted by 狭山 |
Rebels : Scene 1
 
書きたいところだけ書くやつ。



手に持つ刀を振り下ろせば、バッと周囲に赤い色が散る。その体液を浴びながら進めば、私の進む道には異形の屍が重なりゆく。レンズにへばり付いた体液を指で適当に拭い、頭の上にズラせば、少しだけぼやけた視界の中、再び迫り来る敵を斬りつける。脂の巻いた刀を最早鈍器として頚椎をへし折り進めば、動く異形の姿は見えなくなる。

「派手に暴れたな」
笑みを含んだその声がした方向を見れば、ニヤニヤと笑うガキの頃からの仲間の姿。
「小河原か、まさたんには内緒で何卒よろしく」
私が暴れる度、心配する仲間の名を口にすれば、小河原は更に笑う。
「俺が言わなくても、その格好何とかしねぇとバレるぞ」
脂の巻いた刀に、奴らの体液を頭から被っている私の姿を改めて確認すれば、そらそうか。と納得する。黒いスーツは兎も角として、中のブラウスも元の白が見えない程に紅く染め上げられてしまっているのだ。
そんな事を笑いながら話していれば、気絶していただけだったらしい異形共が起き上がるのがピンボケした視界の端に見えた。
「詰めが甘いんだよお前は。笹野、行くぞ」
「刀寄越せ、私のは脂巻いてて使いモンにならねぇ」
「ヤギちゃんも上で控えてるから、さっさとカタ付けるぞ」
刀を二本用意していたらしい小河原は一本を私に寄越しながら、自分も一本を鞘から抜き出す。冗談じゃない。
「馬鹿野郎、てめぇが大将だ。大将首取られたらこっちが終わんだよ! 援護はユキトで充分だ。さっさとユキトのトコにでも戻れや!」
斬れ味最悪なギトギトの愛刀と新たな刀の鞘を小河原に投げ、私は寄越された刀を抜き身のまま異形共の方向へと駆けた。



「わ、あの人凄いな。ナオキさん、俺ら以外にも奴らと闘ってる人間が居るみたい」
スコープから見える景色を、俺は隣にいる男に報告する。
「へぇ、あっ、あの子かぁ……すっご、ヒールであんなに動けるんだ。あいつらと近接戦するとか肝据わってるなぁ」
隣で双眼鏡を覗く彼も異星人の体液を怖れること無く浴びながら奴らを斬り倒す人物に賞賛を贈る。
「狙撃手が後ろに控えてるのかな、腕良さげ。あの人結構縦横無尽に暴れてるのに上手く敵だけ仕留めてる」
「アオイも援護してやったら?」
「オッケー、でも結構難しいな。あの人に掠っちゃいそう。遠くのから狙うか」
人が居る中を狙撃するなんて滅多にしない俺は出来るだけ遠くを狙おうと照準を定めてる時に隣のナオキさんはのんびりと「少なくともあっちは三人居るのかな、折角だから挨拶しときたいね」なんて話す。お陰で手がブレたまま引鉄を引いてしまう。
「ゲッ、やっば。外した」
その弾はあろうことか闘ってるその人が斬ろうとした敵を射抜き、ついでにその人の頬を掠って行った。その弾道を見定めるように此方を一瞬だけ見たその人は再び敵に対峙する。
「アオイ腕鈍った?」
「元々そんな上手くないよ、ヤバイなーあの人の頬掠っちゃった」
今度は本当に遠くに居た敵を撃ち、頭数を減らす事に専念する。
「ダメじゃん女の子の顔傷付けちゃったら。責任取れよ」
叱るトーンで声を出すナオキさんにあんたのせいだよとは言えず、その代わりにもう一発弾を飛ばす。
「とりあえず、今の状況カタ付いたら謝りに行かなきゃ」
そんな会話をしながら今の状況を落ち着かせる為にも俺は弾を飛ばし続けた。



異形を斬り倒そうと刀を構えたその瞬間、頬を熱いものが掠め、目の前の異形は倒れる。ユキトの援護にしては精度の低いそれに、弾の来た方向を咄嗟に振り返る。その方向には廃ビルがあったが、あそこはユキトのテリトリーでは無かったような、と疑問を浮かべたのも一瞬、目の前に迫った他の異形を斬ろうとすると、今度はまた違う方向からの弾。その方角は確かユキトのテリトリーだ。
「他に、誰か居るのか?」
口の中で呟くが、その思案も一瞬の事。次の瞬間には目の前の異形を斬る事しか考えて居なかった。ユキトの援護もあり、あと少しで全部片付くだろうと頭の中で計算し、気合いの叫びと共に動く異形共を片っ端から切り倒していった。



「りっちゃん、集中力が足りないよ」
全てが片付いて、自分のテリトリーから出て来たユキトとユキトと一緒に出て来た小河原と対面し、口を開くユキトの第一声がこれだ。
「うるせ、片付いたんだから良いだろ」
「戦闘の最中に余所見するとか言語道断でしょ、俺が撃たなかったらりっちゃんやられてたよってどうしたの、顔」
憎まれ口を叩く私をユキトは軽くいなす。そして頬を掠めた銃弾の跡を目敏く見つけ、指摘する。
「変な方向から弾が飛んで来たんだ。てっきりお前かと思って振り返っちまった。つうか、預けてたタバコ寄越せ」
「俺がりっちゃんの顔に傷付けると思ってんの? ハイハイ、一仕事した後の至福の一服なんでしょ」
ユキトが渡して来たタバコにまさたんから貰ったジッポーで火を付ける。肺にヤニをぶち込む私を見ながら、小河原は腕を組み「したっけ俺らの他にも誰か居たっつー事か」と思案する。
「先輩かカンかとも思ったんだが、まさかまさたんじゃないよな」
「あいつらはアジトで作戦会議中だ。俺らはお前探して来いって言われてこっちに来てんだよ」
私の問いに小河原はさらりと答える。それなら他に誰かが居ると言うことになる。
「私らの他にも奴らに屈しない奴が居るのか。是非会ってみたい」
そう言って煙を吐き出せば、聞き覚えのない声色がその呟きに応じた。
「ソレ、俺らの事かな?」と。
その声に振り返れば、二人の男。一人は双眼鏡を片手に笑顔を見せる優男、もう一人は小銃を手にしたバツの悪そうな顔をした青年。
「アンタか、射撃下手は」
私は小銃を持った男にそう投げかけ、口の端だけ持ち上げ笑った。


—————————————————

多分異星人の襲来とかがあって殆どの人間が異星人に従ってる世界で抗う笹野達という設定。

異星人の血に塗れてタバコを吸う笹野とかヤクザにしか見えなさそう。
小河原組の斬り込み隊長笹野的な。
| 23:48 | パロ系 | comments(0) | - | posted by 狭山 |
Rebels : Scene 2
 
例によって書きたいとこだけ。


彼女はトレードマークのヒールを高らかに鳴らし、俺たちのホームグランドへと戻った。そのヒールの音を聞きつけた仲間が俺たちを出迎えた。
「あー!りっちゃんまた一人で暴走したでしょ!駄目だって言ったのにっ!」
「りっちゃんにそれ言ってもきかないから諦めなよ」
「笹野だからなぁ」
ホームで俺たちを待っていたのは学生時代からの仲間と先輩が一人。最初に声を上げた女の子の後ろからそれに突っ込む女性、そしてその二人に笑いながら飄々と出て来るの男が一人。
「まさたんゴメンって、ホラ、こうしてピンピンしてるし」
何時もの不遜な態度は何処へやら、彼女がまさたんと呼び天使と崇める女の子ーー村上にはダメ男のような謝り方でへこへこと頭を下げ、拝むようにしてチラッと上目遣いで村上を見る。不敵な笑みを浮かべ、敵を蹴散らす彼女がこんなに変わるのは見ていて面白い。

「で、そっちの男は何者?」
冷静な態度を崩さない村上の隣に立つ女性ーー石本は、俺らの数歩後ろに立つ男二人を目で示して小河原に尋ねる。
「味方だよ。敵の敵だ」
小河原が説明しようと口を開いた横で、村上の頭をひと撫でしていた笹野がいつもの不敵な笑みでそう答える。石本はへぇ、と値踏みをするような目線で彼らを見る。
「俺らの他にも抵抗者が居たんだな」
「俺らも同じ事を思ったよ」
先輩がカラリと笑いながらそう言えば、年上であるだろう茶髪の男がへらりと笑い言葉を返す。
「何はともあれ、私達もこいつらも、あの異星人共に抵抗している身だ。目的・思想はどうであれ、奴らに屈しないウチは共同戦線を張れると思わないか? なぁ、小河原」
男二人を親指で示しながら彼女は笑う。
「ああ、共同戦線を張る程度には信用出来そうだしな」
小河原も彼女の言葉にそう追随する。俺たちの大将は小河原だが、フラッグシップは彼女である。大将とフラッグシップがそう決めれば、俺たちが反対する理由もない。
「そう言えば、名前聞いてないよね」
ふと気付いた事を言葉に出せば、彼女も小河原もそう言えば、という顔をする。そしてそんな二人を見て茶髪の男と俺は同時に噴き出した。
「俺は潮田。潮田尚紀だ。コッチは山崎葵」
茶髪の男が自分ともう一人の黒髪の男の名を名乗れば、彼女も「笹野だ、笹野葎花」と名乗る。
「俺は小河原賢介、コッチはヤギちゃん……柳沢裄斗」
小河原は自分と俺の名を、そして石本が「石本有紀よ、この子が村上雅」と村上と共に名前を名乗った。誰にも紹介されなかった先輩は「夷亀宗佑。宜しくな」と笑った。



「笹野さん」
「さんは要らない、笹野で良いよ」
ホームの屋上から荒廃しきった街を眺めていた私に声をかけて来たのは、今日知り合った男二人の片割れ。射撃下手の黒髪。確か名前はーー山崎葵。
「じゃぁ笹野、今日は申し訳ない事をした」
「何がだ」
心当たりの無いことを謝られ、意味がわからない、と返せば山崎は私の頬へ手を伸ばす。
「この傷。痕にならないと良いんだけど」
こいつの撃った弾が掠めた傷痕を奴の手が撫でるように這えばチリ、と痛みが走りその違和感に眉間に皺が寄る。
「あっ、ごめん。痛いよな」
そう言って頬から手を離す山崎に何も。と返して言葉を繋ぐ。
「この位の傷、日常茶飯事だ。あんな奴らと闘ってるんだから」
「でも、ごめん」
「傷付けたのがまさたんだったらしばき倒してる。でも現実に怪我をしてるのは私だ、気にするな」
謝罪を重ねる山崎に気にするな。と言葉を重ねる。
「女の子の顔に傷付けたんだから、何度謝っても足りない」
山崎の発した女の子、の単語に自然に顔は渋面になる。女の子というのはまさたんみたいなコを指す言葉であって私を指して使う言葉じゃないだろう、と。
「それなら、今度はもっと精度上げろ。あとタバコあるか?」
「解った……タバコ?あるけど」
唐突に切り出したタバコの言葉に首を傾げる山崎に、私は「まさたんに没収されたんだ、一人で暴れて来た罰だって」と答える。
「成る程、吸いたいんだ」
「ああそうだよ、寄越せ」
どうぞ、と渡された箱から一本取り出して箱は返す。ポケットに突っ込んだままのジッポーで火を付ければ、肺にたっぷりの煙を吸い込む。山崎も隣でタバコを咥え、彼は彼でマッチを使い、火を付けた。


—————————————————

この世界なら山崎x笹野があり得るような気がしてきた今日この頃。
| 23:48 | パロ系 | comments(0) | - | posted by 狭山 |
| 1/1 |