Untitled.短文保管庫。
最近は殆どがこっちの更新です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
チョコレートの箱を開けよ! Ex.03
 
帰宅と共に目の前から繰り出されたのは光る青い棒による突き。ピカピカと光りながら何やら音を出すその玩具は顔の横を瞬間的に突き抜けて、戻る。棒を持たない手を眼前に突きだし、弓を射るような姿勢でドヤ顔を晒すのは、同居人の楓だった。


くのりくんと沼について


「……おっ前……家の中でぼっこ振り回すなよな……」
えへへーなんてかわいこぶっている楓にため息一つ、数ヶ月続いている悪癖に火が突いたまま火だるまになっているこの同居人は、遂に玩具にまで手を出してしまったらしい。フィギュアとか、ぬいぐるみとかならまだしも。というか、すでに数体の人形が彼の部屋に鎮座していることも知っているからもうどうしようもないんだけれども流石にこの歳で光る剣を買うだなんて思いもしなかったし、このまま行くとこいつは部屋の中で新型ロボのラジコンを駆け回させるのではないかと密かに戦々恐々としている。
それもこれも、40年近く前に初めて公開されてから世界中でブームを巻き起こした映画のせいだ。最初に公開された3部作は俺も楓も生まれてすらいないから劇場では見れなかったけれど、その後俺たちが多分中高生位だった頃に公開された新3部作と呼ばれるものは劇場で見た訳で。そしてその頃自由にグッズを買えなかった物欲が楓の中で爆発してしまったらしい。ぶっちゃけ、劇場前売り券が某コンビニで銀河最速発売!なんてCMを見てた直後に「前売り買ってきたー」と笑いながら帰ってきた楓には軽く引いた。さらに言えば、市内の辺境でやってたその映画に纏わる展覧会で山のように物販買いあさってた辺りでもう引いてた。蛇足ながらもっと言えば新3部作が公開されてた頃にやっていた展覧会に2回行ったという自己申告にも引いた。楓の映画好きは昔からというのは知っていたけれど、俺の比じゃないというか、俺どちらかというと劇伴好きだし。確かにあの映画の劇伴好きだけどね。ドルビーステレオシステム導入とかEP1公開から数年経って知って遅ればせながら心ときめいたけどね……なんて、意識を明後日の方向にやっていれば再び楓からの突きが繰り出される。
「うぉ!?」
今度は攻撃性を持って繰り出された突きを何とか回避して間を詰めてその青く光る玩具を取り上げる。
「マスターにはほど遠いな、楓」
玩具を取り上げられた子供はふてくされた顔を見せながら「僕の本気はこんなもんじゃないし」と返す。
「お前の本気って怖いからやめて」
思い出すのはもう何年も前になる高校時代。部活こそ一緒ではなかったけれど、お隣さんな少人数部活ということでそこそこ部活同士での交流があった頃。楓の先輩で俺のクラスメイトだった奴が戯れに持ってきたチャンバラ用の柔らかい剣を持ってきて部活対抗お遊びチャンバラをしていた頃の事。俺は柔道部、楓は剣道部だったのだけれど、チャンバラをしていた楓は目の色が変わってた。対戦させられた時は怖くなかったと言えば嘘になる。その時の事を思いだし、背筋を震わせるものを感じた俺は、俺の手の内で未だ光っているその剣をカシャンと柄に戻して、一つだけ年上な威厳を込めて一言発するのだ。
「人に向けてライトセーバーを振ってはいけません」と。


—————————————————


十河さんは劇伴フェチ。ライトセーバーを振り回す九里くんはサマになってると思う。




 
| 08:26 | チョコレートの箱を開けよ! | comments(0) | - | posted by 狭山 |
チョコレートの箱を開けよ! Ex.02
 
「……え、マジで?」
「……うん、マジで」
まさか、こんなところでジェネレーションギャップを感じるとは思わなかった。



映画センパイとコノエちゃん


何やかんやとありまして、コノエちゃんとめでたくお付き合いさせていただくことになってから、早数ヶ月。丁度一回りの歳の差がある俺と彼女だけれど、映画の趣味もそこそこ合ってたし、そもそも映画館での職場恋愛だからお互い映画好きなのは付き合う前から知ってたし。それは俺から見ると職場の後輩、彼女から見れば職場の先輩という共通の同僚の此処数ヶ月の行動を話のネタに飲んでた時に発覚した。10年振りに新作が公開されるSF映画に熱を上げている後輩であるキューの事を話しながら、「俺も前回の3部作の頃はバイト代つぎ込んだなー」なんて話していたら、彼女から「実は一本も見たことないんですよねぇ」という衝撃の告白。俺は思わず固まってしまった。映画好きな彼女の事だから、一度は見たことあると思ってた。話題に上ってるSF映画とサントラ作曲者が同じ宇宙人モノ好きだって言ってたじゃないか。俺の頭の中では有名なテーマソングと共に月をバックにして乗っている自転車のカゴに宇宙人を突っ込み空を飛ぶ少年のシルエットが浮かぶ。そういやサントラで映画見るタイプじゃなかったな、と思い返し考えても同じ監督の冒険活劇映画好きって言ってたじゃん!と思わず突っ込む。その映画の主役、君の見てないSF映画で炭素冷凍されてるから!しかもその冷凍されてる姿が製氷皿になって売ってますから!思わず、そう突っ込みかけて押し黙る。その製氷皿だけには飽きたらず、敵の宇宙要塞型の氷が出来る製氷皿も買ってしまっているのでこれがバレたらキューを笑えなくなる。
そして、冒頭に戻るのだ。

「折角今年久々に映画公開されるんだし、見ようって気はゴザイマセンカ……」
「それは勿論なんですけどねー、あれって見る順番で色々言われて何となく見れなくって」
前のブームに乗れたら良かったんですけどねー最後の1本公開されたとき私まだ小学生だったんですよーとの申告に俺の心はギシギシと音を立てる。一回りの歳の差ってこんなだっけ。ギシギシと音を立てて軋む俺の心は兎も角、折角なんだから彼女にも公開前までに映画を然るべき順番で見てもらって、新作公開の暁には一緒に見に行きたい位の願望はある。だって付き合ってるんだし。
「じゃぁ、公開前までに見る?ウチに6作全部あるし」
レンタルショップのDVDは軒並み貸し出し中なのは知っていたから、そう申し出る。貸すよ、という申し出だったのだけれど、彼女は笑顔で斜め上の事を言い出してくれた。
「じゃ、今度休み合わせて先輩の家で鑑賞会しましょうよ!仕事終わってからオールで見れば全部制覇できますかね?」
思わず口に含んでた芋ロックを吹き出す所だったのを、必死の理性で喉に流し、気持ちを落ち着ける為にも煙草に火をつける。そうしていれば、コノエちゃんは補足するように言葉を付け足す。
「だって、キューちゃん先輩が映画先輩のトコのテレビ大きいって言ってたし、SF見るなら迫力ある方が良いじゃないですか!」
確かに、奮発してホームシアターには及ばないものの、ちょっと良いテレビを買った。ついでに言えば家に揃ってるのは数年前に売り出された頃買ったブルーレイボックスで映像も良くなっている……筈。そう言うことなら、と承諾してコノエちゃんの休みの予定と俺の予定をすりあわせるのだ。

……とりあえず、家に置いてある映画のグッズは見えないところに隠しておこう、と。意外とコレクター気質である俺は心の中だけで今度の休みの掃除計画を立てるのだった。


—————————————————



スターウォーズイヤーに沸き立つうちの子編第一弾。


 
| 08:24 | チョコレートの箱を開けよ! | comments(0) | - | posted by 狭山 |
チョコレートの箱を開けよ! #08
  
  
シラベアキラ。二字で表されるその音の文字が、何処かで引っかかっていたのは確かだったけれど、
思い出すことは出来てなかった。
その文字を持つ、本人と出会うその瞬間まで。
  
  
くのり君とアキラさん
  
  
「……アンタか」
時間は少しだけ巻き戻って、夕方と言うには少しだけ早い時刻。待ち合わせに指定した、市内でチェーン展開している喫茶店はオープンしたばかりで、座席は選び放題だった。僕は二階、メゾネットのボックス席を確保して、すでに顔なじみになりつつある店員にメニューも見ずにフレンチ。といつもの注文を。店員が去った後にムツに押しつけられたアドレスを頼りにシラベアキラへボックス席にいる旨をメールした。元々はムツ同席で3人で会おうという話だった筈なのに、急にヘルプでバイトが入ったと慌てて家を出ていった。シラベアキラなる人物のメールアドレスだけ押しつけて。
そのメールを送った数分後、ボックス席からドリンクカウンターとライブ用のステージを見下ろしていれば、僕が頼んだフレンチブレンドが僕の元へ届くのと同じタイミングでシラベアキラは僕の前へ現れた。初対面ではない男が、そこにいた。
 
「あれっクノくんじゃん」だの、「えっ何、睦と同居してんの」だのとやいのやいの言ってくるシラベアキラをスルーして、押しつけられたCDと、そのCDの中から決めた一曲で作ったPVの企画書とは名ばかりの絵コンテ風の殴り書きしたメモをテーブルに出す。目ざとくビールを注文したらしいシラベアキラの前にはハートランドとロゴの入った背の高いグラス、そしてそれを満たす泡を放つ黄金色の液体。
「……3曲目ので考えてみました、低予算路線ならバンドメンバー使って公園で撮りますか」
「俺ら演技とかしたこと無いけど?」
「カメラ気にせず歩いたり、いつも通り楽器いじって貰えりゃ良いです、素材さえあればあとは何とかします」
 
「に、しても。九里君だっけ?クノって偽名っぽいなーって思ったけど、本当に偽名だったんだ」
「そういう調さんこそ、本名だったんですね」
調瑛。ついこの間一夜を共にした男の名前だった。去り際に名刺を押しつけてきた男。名刺はもう、灰になっているのだけれど。
「連絡待ってたのに」
「帰ってすぐ燃やしました。今頃タバコの吸い殻と一緒にどっかの焼却所の灰に紛れてる」と返せば、つれないなぁと調は笑う。かなりタイプだったから結構本気だったのに、と。
「僕のタイプじゃないから」
「それは残念。クノ君のタイプってどんななの?」
「胡散臭い笑い方しなくて、包容力のあるタイプ」
そう言い切ってやれば、じゃぁ睦はタイプなんだ。と更に笑みを深める。いやな奴だ。
「……この後、バイトなんでこれで」
そう言って残ったブレンドを飲み干せば、向かいに座った調もビールを飲み干す。「俺が払うよ。あと、絵コンテは仲間に見せてみるから、またメールする」
そう言って伝票を僕の手から奪い、調は席を立った。
「それとさ、睦って彼女居るよ」
あ、同居してるんなら知ってるか。といやな笑い方で席を立てずに居た僕を見下ろしながら思い出したかのように、そう口にする。「俺にしときなよ、本命には優しくするよ?」と重ね、僕に背を向けて階段を軽やかな足取りで降りていった。その姿をボックス席から見下ろしながら、タバコに手を伸ばし、火をつける。カウンターに目配せすれば、見知った店員が気づき、席へとやってくる。
「フレンチ、おかわりお願いして良い?」
いくらか年下だった筈のその店員はかしこまりました、といつもと変わらない笑顔を見せ、階段を降りていった。
 
夜のシフトが始まるまではまだもう少し時間がある。胸の奥に重くのし掛かったあの男の言葉を、流してしまわなければ。
 
 
――――――――――――――――――――
 
 
イヤナヤツだったアキラさん。
この後のバイトがEx.01の話。
 
 
| 20:30 | チョコレートの箱を開けよ! | comments(0) | - | posted by 狭山 |
チョコレートの箱を開けよ! Ex.01
 
きれいな顔から、キツい言葉。
空気を読んで、あえてヒビを入れる。
アイスピックみたいな奴だなぁ、と思ったのが、第一印象。
 
 
映画センパイとくのりくん
 
 
顔が良いから採用。と当時の上司が言い、俺に引き合わせた青年は、とんでもなく無愛想で、しかし、客商売と言うことは理解しているようで客に対してのみは愛想がとんでもなく良い男だった。
未だに、彼の後輩にあたる女子大生のアルバイトと俺に対してはものすごく無愛想なのだけれど。
彼の名前を、九里楓と言う。
 
ミスをした女子スタッフを客の目がない瞬間にバックヤードへ引っ張り込む手腕は相変わらずで、その後の説教の苛烈さは古参の中でも群を抜いている。その子のミスは致命的なものでもないし、リカバリーも出来ているから哀れな子羊の心がポッキリする前に救出してやらなければ。
俺も、持ち場をそっと交代し、バックヤードを覗いてみれば涙ぐむ子羊ちゃんと、絶対零度の視線で後輩を貫く九里の姿で。あ、コイツただ単に虫の居所悪いな。と長年の付き合いでわかってきた九里の性格に心の中だけでため息。
ていうか、女の子泣かすな。俺のポリシーに反するから。
 
「キュー、そこら辺でやめとけ。やまぐっちゃんも、落ち着いたら戻って」
そうやって助け船を出せば、あからさまにホッとした表情を浮かべその場を逃げ出す山口。あ、それ九里を更に苛立たせるだけ。でもそこまでは面倒見れないわ、自分の蒔いた種はちゃんと刈り取ってな。その後ろ姿を見ながら低い声で「Mother facker」と吐き捨ててる九里を喫煙所へ連れ出す。人でも殺しかねない顔で客の前へ出すわけにはいかないし、どうせそろそろ休憩時間だ。
「きれいな顔してきったねー言葉使うなよなぁ」
喫煙所でタバコに火をつければ、九里をたしなめる。別に英語圏で育ったわけではないらしいが、九里は息をするのと同じような自然さで、英語のスラングを吐き出す。悔しいがしかし、外見が外見でとても自然で。英語を喋る九里は、寧ろネームプレートの九里の文字が邪魔に見える位に欧米人だ。
「それ、聞きあきました」
気だるげに煙を吐き出すのも画になる九里はそうやって俺の言葉を切り捨てた。そう切り捨てられるのは知ってるけれど、やっぱり言っておかなければいけない事は言っておかなければ、と。
「ああでも、丁度良いタイミングで来てくれて有り難かったです」
切り捨てた後にそう続けられれば、首を傾げるしかない。
そんな俺の様子を見て九里は喉で笑いながら続ける。イヤな笑い方だ。
「あのまま続けてたら多分、「何でミズキばっかり!」って逆切れされそうだったし」
更によくわからない。ミズキと言えば、俺の他に九里が態度を硬化させない女子大生アルバイトの名前だ。確か、山口と同じ大学だったか。
「何でそこにコノエちゃんが出てくるんだ」
正直意味が解らなすぎてそう聞き返すしかできない。そんな俺に九里はため息混じりで本当センパイ鈍感代表ですねぇ、と苦笑する。
「僕がコノエと仲良くしてるから。山口、僕狙いみたいだし」
何のことはないように、そう発言する九里に、思わず噎せた。は?誰が?誰を?狙ってるって?
「正直面倒なんですよ、そういうアピール。そんで、アピールに夢中でミスするとかクソですから」
モテる男は違うんですか。俺だったらそんなアピールされたら有頂天だわ。「良い人」止まりでここ数年彼女も居ない俺は、女なんて取っ替え引っ替えですみたいな発言を事も無げに口にする九里をちょっと尊敬のまなざしで見てしまった。でも、ソレ解っててあの態度って、相変わらずお前アイスピックだな。とも思いつつ。
「でも、コノエちゃんとは仲良いよな。アレは何で?」
「コノエとは絶対にそう言うことにならないからですよ。コノエ、センパイ狙いみたいだし」
 
そのさらっと付けたされた一言に。
今度こそ、回復不能レベルで噎せた。
 
 
――――――――――――――――――――
 
 
番外編。
映画センパイは本名を栄花慎(エイガマコト)といいます。
 
| 20:43 | チョコレートの箱を開けよ! | comments(0) | - | posted by 狭山 |
チョコレートの箱を開けよ! #07


ただーいま、とリビングのドアを開ければ、今日も相変わらずリビングで何らかの映像を流す楓が居た。

ウチのテレビ、もしかしてアンテナ要らなくね?と密かに思っている事は秘密だ。まぁ、たまにはテレビ番組も見るし。

 

 

そごうサンとくのり君 その3

 

 

って、そんなことに意識を飛ばしている場合じゃなかった。あんなに強い酒何杯も突っ込んだのに殆ど酔っていないというアルコールに強い自分を久々に恨みつつも、少しだけ浮ついた頭の中で楓に何と言おうかとリビングの入り口で悩んでいた。何か糸口は無いか、と楓が見ている映像を確認してみれば、それはまぁ、何と言うことでしょう。お誂え向きだ。と彼のタイミングの良さに感謝した。それは、楓の卒業制作だった。

 

言葉を発しないピアノ弾きと、少年の物語。

 

少年がある日音楽室で出会ったのは、ピアノの前に立つ見知らぬ人間で。慌てて先生を呼ぼうとするも、相手の奏でる音に足を止め、ピアノ弾きと少年の交流が始まるのだ。ピアノ弾きは、言葉を発しない。少年の問いには、音で返す。ピアノ弾きと少年の交流は続く。ある時は音楽室で、ある時は中庭のベンチで、そしてある時は公園のブランコで。ピアノ弾きは外に出るときも楽器を手放さず、何らかの楽器でその意志を少年に伝える。話が進むにつれて、ピアノ弾きの謎が深まりそして、解けていく。ピアノ弾きは、音楽そのものだったのだ。

 

大画面に再生されるその物語は、丁度クライマックスを迎えていた。
ピアノ弾きと少年が最初に出会った音楽室で、ピアノ弾きはグランドピアノの前に陣取り、その隣に少年は立っていた。
「もう、居なくなっちゃうの?」
ピアノ弾きは、少年と決めた肯定の音を出し、少し物悲しいメロディを続ける。
「ぼくも、もっと一緒に居たいのに。何でダメなの?」
幼く真っ直ぐな問いに、悲しげな笑みを浮かべながら、ピアノ弾きは短く悲しい旋律を奏でるのだ。
その悲しい旋律に、なにかを感じ取った少年は、彼にできる精一杯の笑顔を浮かべて、答える
「寂しいけど、寂しくないよ。だって、音楽が近くにあるとき、見えなくてもあなたは僕のそばに居てくれるんでしょう?」

 

そう笑う少年を少し驚いたような顔で見るピアノ弾きは、ふ、と緩やかな微笑みを見せて、優しいメロディを奏でながら消えていった。ピアノ弾きが消えたとも、そのメロディは消えず、どこか悲しい笑顔を見せる少年の姿を映しながらエンドロールを迎えるのだ。

 

 

 

「久しぶりに引っ張りだしてきたんだ、珍しいな」

「うわあああああああ!?」

 

俺の姿を認めていなかったらしい楓に後ろから声をかければ滅多に出さない大声と共にブツリと映像が切られる。あ、エンドロールまで見る派なのに。そんなに恥ずかしかったのか。

「別に良いじゃんか、俺は楓らしくて好きだなーこの作品」

「はっ!?見たの!?」

「ずいぶん前にな。プレイヤーの中に入ったままだったのが、かからささった」
嘘じゃない、偶然見てしまったその作品をついつい見入っていたらエンドロールに楓の名前が出てきて驚いた記憶はまだ、鮮やかに残っている。楓はソファの上であのときか!!と頭を抱えながら叫んでた。あ、これ今のうちに言っといた方が良くない?と未だソファの上で悶絶してる楓に、CDを差し出しながら言う。

 

「そんな九里監督にちょっとお願いがあるんですけどね?」と。

 

――――――――――――――――――――

 

 

九里くんの卒製に出てくるピアノ弾きはその音のツカサさんが演じてます(笑)

地味につながりが出来てるチョコ箱とその音。

 

 

 

 

 

 

 

| 19:35 | チョコレートの箱を開けよ! | comments(0) | - | posted by 狭山 |
| 1/3 | >>