Untitled.短文保管庫。
最近は殆どがこっちの更新です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
雨上がりの、

「瑞原、今日チャリ?」
部活上がりの剣道場で、雑談を交えながら着替えたり、はたまた逆に雑談に熱中していたりしている中、肩口にぬっと顔を突き出し問うのは、同期の柳原。
「いや、朝雨だったからバス」
「マジで? 最終出てるじゃん」
学校前に止まるバス自体はあれど、私の家の方面へ向かうバスの最終は数十分前に過ぎ去った。そもそも部活をやってその最終に乗るのは無謀に近い時刻設定だ。
「まぁ、20分も歩きゃバス乗れるし」
「瑞原は相変わらず何というか、頼らないよね」
「性格だから仕方ない、って言うかヤナ、お前はなにが言いたいんだ」
言いたい事はハッキリ言え、ハッキリと。とジト目で見やれば、外人のような肩を竦める仕草で笑う。それがサマになるのがまたムカつく。
「送ったげるよ」
「バス停までか」
「いやいや、お宅まで」
「運賃は」
「肉まん一個で手を打とう」
「よし乗った」
「よし、乗っけた」
そうと決まればサッサと帰るのが一番。いつの間にか道場で鬼ごっこを始めていた同期及び先輩後輩にお先に、の一言残し、セーラーの上にマウンテンジャケットを羽織り、ストールを巻く。
「つうか、見てるこっちが寒いわ」
「ホラ俺筋肉あるから」
朝の雨は何処へやら、冷え切ってはいるが気持ちのいい夜道を柳原の漕ぐチャリの後ろに乗りながら、口に出すのは奴の服装に対してだ。
「そういう問題じゃない、あ、コンビニ」
学校から出て一番目に見えるコンビニに止まるかと思いきやそこをスルーして柳原はチャリを漕ぎ続ける。海岸線を走る所為か海風が冷たい。
「瑞原の家の最寄りのトコ着いたら教えて」
「おー……あー」
「んー?」
「星、すごい」
北斗七星、カシオペア、その間の北極星、と片手を離し夜空を指させば、柳原の危ないからという慌てた声。マイペースで穏やかな柳原の慌てた姿なんて見ることが無いから、何故か楽しくなって笑い声が漏れる。
「まさか酔ってないよね?」
「アルコールを摂取した記憶はないな」
「あ、コンビニ」
「あー、そこ最寄りだわ」
「教えろって言っただろ!」
「悪い、忘れてた」
「オイ」
最寄りコンビニにチャリを停め、私は肉まんとピザまんを一つづつ買う。
「待たせた」
「いや全然」
肉まんの方の包みを柳原に渡し、私はピザまんを齧る。
「瑞原は何まん?」
「ピザまん」
「一口頂戴」
答えを聞かずに奴は私の持つそれに噛り付く。柳原だから良しとしよう。そう思っていれば、ん、と差し出される食いさしの肉まん。出されたそれに軽く噛り付く。
「うん、肉まんも美味い」
「瑞原って変り種好きだよね」
「形にはまってるのが嫌いなだけ」
「だからチャンバラだとあんなイキイキしてんのな」
「まぁな」
ダラダラと話しつつ、お互い肉まんだのピザまんだのを齧り続ければ、やがてそれも消化して。
「そろそろ行くかー」
柳原がそう言ってチャリのストッパーをガチャリと上げるのを見、ココで良いよと告げる。
「でも家までって言ったろ」
「ココから一分もかかんないから」
「あ、そ?」
じゃぁこれで。と柳原は来た道を戻ろうと、背中を向ける。その背中を確認してから私もその背中に背を向ける。
「なぁ、瑞原」
背中を向けたまま柳原は私を呼んだ。
「何だ?」
「俺は形にはまってるかな?」
「さてね、でもつまらなくは無い」
そう、詰まらなくは無い。楽しいとはまた違う何かだ。安心感、癒し、ああでもそれは形にはまってるのだろうか。いい表現が浮かばない。
「ただ、お前の後ろに乗ってるのは悪くない」
私の呟いた声は恐らく奴には届かない。きっと私達の関係はこの位の距離感が丁度いいのだ。
 
 
————————————————————
 
高校剣道部な二人。
この子らを軸に色々書きたい欲がある。
  
(tumblrより移植:2013/10/26)

 

| 20:49 | 突発文 | comments(0) | - | posted by 狭山 |
灯の揺らめく夜に

キャンドルナイトでも無いと言うのに、真っ暗な部屋の中で貰い物のキャンドルに火を灯す。オレンジ色の暖かな色が、揺れる。

時折、電気を消して柄にもないことをしたくなる夜があるのだ。レコード特有の少しだけガサついた、それでいてデジタル化されていないアナログの音を聴きながら、そのキャンドルをくれた君の事を想う。
流れる曲は、失恋を切なく歌うスタンダードで。
君はきっと僕の想いには気づいていないんだろう。その癖、そんな夜に限って電話をくれるのだ。着信を震えながら僕に教える携帯の表示には、君の名前。「もしもし」とその着信に応えれば「また一人キャンドルナイトでもやってるかと思って」という、デジタル化されたクリアな音声が耳に届くのだ。「何で、そんな狙ったようにわかるんだよ」と問えば君は何でもない事のように「付き合い長いからな。お前の事なら何でも分かるよ」と返され、携帯を持つ手に力がこもる。

「何でも、って」

「だってさ、俺ら幼馴染で、親友だろ?」
親友、その言葉が胸に重くのし掛かる。親友の一線を超えた、そんな想いを、感情を、持ってしまった僕にとっては、聞きたくないそんな言葉が。そんな言葉、聞きたくない。と、そう言ってしまいたい心を押し込んで、僕は「そうだね」とゆっくり声に出した。
この想いの所為で、君との関係が途絶える位なら、僕はそれを押し殺す。
 
 
—*—*—*—*—*—*—
 
 
学食ですれ違った時にふと見せた寂しげな表情にああ、またあの周期かな、と一人納得し、その夜にアイツへと電話をかけた。もしもし、と応えるアイツの声の後ろに聴こえる微かな音楽。やっぱりな、と自分の勘に頷きながら「また一人キャンドルナイトでもやってるかと思って」と務めて軽いノリで言葉を声に乗せる。
「何で、そんな狙ったようにわかるんだよ」なんて呆れたような、それでいて笑っているようなそんな声におれも笑みを漏らしながら「付き合い長いからな。お前の事なら何でも分かるよ」と返すのだ。
「何でも、って」言葉に詰まるようなアイツの声に、俺は更に笑みを深めて「だってさ、俺ら幼馴染で、親友だろ?」と、言葉を紡ぐ。小学校から、学部は違えど大学までずっと一緒だった幼馴染がアイツだ。親友と言ってもおかしくは、ない。
 
「……そうだね。」
少しの間の後に肯定の返事、そのまま俺たちは他愛ない会話をし、また明日、と電話を切る。
「お前の事は、何でもわかる。って言っただろ」アイツが一人暗い中キャンドルを付ける事を知った日に、俺はキャンドルを買ってつけて見たし、アイツにキャンドルを贈ったのも、自分がやってみてその寂しさを知ったからだ。暗い部屋の中でそっと揺れるオレンジ色の光を見ながら、一人呟く。
「お前が、俺の事をどう思ってるかなんて、丸分かりなんだよ」

――でも、
「でも、言ってやらねぇからな。お前が踏み出すまで、俺と、お前は、親友だ」
俺の言葉を聞いているのは、オレンジの灯を揺らすキャンドルだけだった。
 
 
————————————————————
 
 
さっきツイッターに上げたのと、その電話の相手。
“僕”の気持ちに”俺”は気付いてて黙ってる。”僕”さえ前に踏み出して気持ちを言葉にすれば”俺”はそれを拒むつもりは無いし、寧ろ積極的に受け容れるつもりで居るという、そんな両片思い。
ここまで書いたので誰か続き、ください
  
(tumblrより移植:2013/12/18)

| 20:38 | 突発文 | comments(0) | - | posted by 狭山 |
ながれるほしに、ねがいをかける。

Polaris. ササハラとセナミの場合。
 
「流れないなー」
「そうだな」
夜空を見あげるフリをして、俺は隣に居る不真面目な男の真剣な横顔を見ていた。
「なあ、ササハラ」
「何だ?」
「ササハラは流れ星に何を願う?」
真剣な表情は夜空に向けたまま男は俺にそう問うて。俺は思わず笑い声を漏らした。
「俺は石コロに願いは託さないよ」
「リアリストだなぁ」
「じゃあ、ロマンチストなお前は何を願うんだ?」
いつになく真剣なその横顔に、俺はそう問わずにはいられなかった。
「俺は願うために夜空を見上げてるわけじゃないよ」
夜空に注がれていた視線は、俺に向けられていた。
言葉を返せない俺を見つめながら、彼は言葉を重ねた。
「感謝を」感謝を、伝えるために。と確かに彼は言葉を重ねた。
「あの家から、出る勇気を願ったんだ。随分昔に、な」
そう言って笑った彼の少し悲しい色をした笑みに、彼の生い立ちを思い出させられた。
 
*-*-*
 
ポラリスで書いてる時系列と変わらないあたり。 セナさんの生い立ちを知った後
 
  
(tumblrより移植:2012/8/14)

| 20:34 | 突発文 | comments(0) | - | posted by 狭山 |
路地裏、喫茶店前にて。

「またやってんのかお前」
 
昼下がり、大きな通りから少し入った裏通り。幸せそうなカップルが喫茶店から出てくる。そんな男女をあんな台詞で引き留めて、懐に入ってる警察手帳を開き、写真と徽章をカップルに――どちらかと言えば女の方に見せる。
男の方はニヤニヤと笑い、女の方はオロオロと男を見る。
「あーお嬢さん、その隣に居る男ね、結婚詐欺の前科持ち、知ってた?」
付き合い始めたばっかりみたいだからお金取られる前に別れた方が良いですよーなんて付けたせば、女は男に平手打ちをかまして一人颯爽とヒールを鳴らして大通りへと去っていくのだ。
「最近の女ってすげぇなー」壁に寄りかかりヒュウと口笛を吹きながらその颯爽とした後ろ姿を横目で見送り、正面を見れば片頬を腫らして居る男の横顔。
「俺の商売道具おもっきし傷つけてくれたよなー、あの女」
「自分の顔面商売道具とか言う時点で残念だとおもわねぇのお前」
「で、捕まえんの俺ン事ってかケージさん相変わらず暇だねぇ」
「逮捕状出てねーし、今日は非番」
「警察手帳持ってるじゃん」
「手帳は基本非番でも携行してんだよ」
へー、と言う男も俺も動こうとはせず、俺はトレンチのポケットに突っ込んであった煙草に手を伸ばす。
「なぁアサギお前火ィ持ってね? ライターガス切れしたんだった」
パッケージから取り出した煙草を咥えながら男――アサギに尋ねる
「さっきのコ煙草嫌いだったから持ってないねー夢を売るオシゴトだからね、女の子に合わせてるの」
「それならもっとマシな仕事しろよ、ホストとかよぉ」
結婚詐欺師が本職とか俺に捕まえられたいのか?と火の付いていない煙草を咥えたままだらだらと喋る。
「ホストもやってるけど? 副業ってヤツ」
「カタギの仕事はするつもりねーのな」
「だってこっちの方が俺に向いてんだもーん」
そう言ってこっちに向かって来たと思えば奪われる煙草、ついでに唇。
 
「――、舌ッ!突っ込むなアホか!!」
やっとの事でアサギを引っぺがし俺は肩で息をする。視線の先には笑顔で舌舐めずりをするアサギ。頭半分はある身長差が憎らしい。
「殴り倒さない辺りケージさん俺に甘いよねー真っ赤ー」
「前科者と言えサツが一般人殴り倒すとか外聞悪いだろうがよ黙れ馬鹿」
「その癖口悪いしぃ」
「元々だっつーか人の話聴いてねェよな聞け馬鹿」
「バカバカ言ってると馬鹿になるよ?」
「うるせぇ、煙草返せっつーか火持ってんじゃねーかよ!」
ニヤニヤ笑いながらキスされるまで俺が咥えていた煙草に煙を立ち昇らせていたのを見て思わず突っ込む。
「詐欺師の言う事真に受けちゃダメでしょーって言うかケージさん俺の事尾行しながらずっとタバコ吸ってたじゃん吸いすぎは身体に悪いよ?」
「おま、それ知って此処……!」
「ケージさんの事はよーく知ってるからねぇ」
こんくらいちょろいちょろいとアサギは笑う。
「一回り以上年上のおっさん捕まえてこんなことして楽しいのかよ」
「ケージさんだからね、ケージさん相手ならお金抜きで夢見せてあげるよ」
 
その気になったら教えてよ、なんて笑ってアサギは俺に背を向ける。
俺はその背中を見送る事しかできなかった。
 
 
——————————
 
 
浅黄怜(アサギリョウ)と三木桂司(ミキケイジ)
結婚詐欺師と刑事さん。
ドロケイが流行りだときいて書いてみたら良くわからなくなった。
多分お互いに矢印はあるんだけど掛け算までにはいってない2人。
 
一回り以上の年の差って美味しいよね。
  
(tumblrより移植:2012/4/16)

| 20:30 | 突発文 | comments(0) | - | posted by 狭山 |
盾と紳士

コンクリートの灰、スーツの黒、シャツの白――そして、血の赤。
俺の眼に映る世界を鮮やかに染め上げたのは赤。見上げた先には青空がある筈なのに、俺の視覚では灰色に感じていた。その赤は自身から出たものではなく。俺の周りに倒れたスーツの男たちから流れたもので。鮮やかな赤もやがてモノクロの世界に取り込まれてしまう事は俺が一番知っていた。
 
「ごめんな、仕事だったんだ」
絶命した男たちの一人の前に膝を付き、冷えはじめたその身体に手を這わす。勝気な笑みを浮かべていたその頬を、“手荒な”仕事をする為にあったその腕を、跳ぶように走ったその足を。「ごめんな」涙を流す事が出来なくなってどれくらいの時が経ったのだろう。目の前で事切れている――俺が殺した親友を見ても泣けないだなんて、とんだ笑い話だ。“向こう側”に行った親友と何時かはこのような事になると、感じては居たのに俺は何もできなかった。“仕事”を無感動にこなす機械になり下がってしまったからだ。

涙を流せなくなって、何年経ったのだろうか。
心の底から笑みを浮かべる事が出来なくなって、いくつの季節を超えたのだろうか。
怒る事を、悲しむことを、歓ぶ事を、忘れてしまってから何年の歳月が過ぎていったのだろう。
そのツケがこれなのか。事切れた親友の前で無感動にその事実を受け入れる“盾”、それが俺だ。
俺が“盾”となり守った要人――雇い主は、既にこの場所にはいない。
管理者は任務終了後の“盾”の事など気にはしない。
 
「伍(イツ)くん、だったかな」
死体と俺しか居ない空間に静かに闖入してきたのは物静かな老人だった。老人といってもその背はシャンとしており、呆けた様子も無い。“向こう側”特有の空気を馴れたように、アクセサリーの如くさも当たり前であるかのように身に纏う彼は静かに笑みを湛える。耳の奥でチリチリと何かが聞こえる。「何故私の名を」自身の事を口に出す時は努めて私、を使用し、自分を落ちつける。何者か解らぬ男にその名を――職場で名乗っている名ではない方の名を知られている事に少なからず動揺しており、再び俺は男を観察する。上品だが厭味にならない衣服、紳士然とした佇まい、杖、と言うよりもステッキと言った方がしっくりくるような杖。そして彼を取り巻く裏社会特有の雰囲気と空気。老紳士は笑みを湛えたままに言う。「そこに居る彼から君の話はよく聞いていたんだよ」杖で指したのは俺の目の前で事切れている親友で。「陸(ムツ)くんから、よく話を聞いていた。兄弟のように育ったそうだね」その通りだった人間ではなく“盾”としてあらゆる殺人術護衛術その他闘う為の技能を仕込まれながら育った俺や陸は兄弟のように、いつも一緒だったのだ。「……今の名前は硲(ハザマ)です」「盾としての名か?」老紳士の声からは笑みの色が消えない。「感情を失った“機械”に何の用ですか」脳の奥で警鐘が鳴る。伍と言う名を知っているこの男と、これ以上一緒に居てはいけないと。「私の所へ来ないか」男は言葉を続ける。「盾の力が欲しい訳じゃない、私は君が欲しい」有無を言わせない視線が彼から俺へと向けられている。俺は脳内で彼を屠る様をシュミレートする。可能だ――相討ちを覚悟した場合にのみだが。「君に感情をあげるよ、伍くん」その声に肩が震えた。「私のもとへおいで、私は君を人間として扱うよ」親友もこうやって彼に絡め取られたのだろうか。彼の亡骸の隣で俺は、彼の手を、取ってしまった。
 
「さぁ、その端末を外して、君が居た“そちら側”の証を全て此処に置いて」そこまでの覚悟なしに、此方に来ることは許されないよ。あくまで優しく、彼は俺の耳元で囁く。そうすれば君に感情をあげるからね、とまるで甘い毒のように。

だけれども、俺が本当に欲しかったものは感情でも、涙でも、色でも自由でもなく、陸、お前だったんだ。
 
 
—————————-
 
 
泣き方を忘れたボディーガードと紳士的な初老の男が一緒に暮らすまでの話
文のリハビリも兼ねて
 
(tumblrより移植:2012/3/19)

| 20:28 | 突発文 | comments(0) | - | posted by 狭山 |
| 1/2 | >>